オリジナルブログ「マークン@フジワラのにんげん探訪」

エントリー

« remove | main | next »

<11月10日久しぶりに神奈川県剣道連盟合同稽古>

254972828_4625090477570623_4340410030236468725_n.jpg

久しぶりに段別の参加者の制限なく約150名参加。
最初は小林英雄会長(範士八段)のご挨拶。全日本選手権で優勝した星子選手(筑波大)は打とうと思って打ってない。身体が仕事をしている。あれでお相手はよけきれない。
面をつけて石原先生の号令で基本練習。切り返し3回、面打ち3本を5回。途中で小林会長から「上げて下げるだけでなく、腹に力を入れて攻めてすっと入りダっと瞬間に打つように」とご指導をいただき、相互に面が鋭くなる。
 その後、同じ段で周り稽古、10人。途中で今里先生(教士八段)の講話。
「自分は6回目で八段に通ったが、普段心掛けたのが
?構え・着装(自分では気づかないので人に言ってもらう)
?打突の強さ・気持ちが真っ白になるまで声を出す。これは普段から出さないと審査では出ない
?上の人には合気になってかかっていく

その後、小林会長
1.攻めるのが大事、お相手が来そうだと思うとダっと打つ。
2. 竹刀は刀、振るな。

その後30人近く元に立たれる八段の先生方に指導稽古をいただく。3人の先生にお願いできた。
打たれてわかるのは先生方の面が直線的で早い。合間に出小手を入れる。身体の反応が早く気合が入っておられる。打ちっぱなしでなくすぐ次の技に入るなど。少しずつコロナ禍から日常が戻って来た

|

このページについて

2021年11月10日 16:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「」です。

次の投稿は「」です。

月別のエントリー

バックナンバー