オリジナルブログ「マークン@フジワラのにんげん探訪」

エントリー

« remove | main | next »

<2月5日 HPあこがれの成功者にインタビュー>

02_05_2.jpg

火曜日はWeb制作0期の渡部佳奈子さんにインタビューする機会がありました。内容が素晴らしいのでシェアします。
渡部さんは箏プランという事業をやられていて5000万円以上の高級老人施設対象にお仕事、単価300倍を達成されています。私はこの方のHPをインサイドアウトで昨年9月に拝見し衝撃を受け、みーままのご指導をうけることに決めた経緯があります。

今回は私の研修の教え子が介護施設対象に新規事業をやりたいと助言を求めて来たので、こういう成功者がいると渡部さんを紹介しました。ミーママを通じてインタビューを依頼し実現した次第。

<私の感想>
1. 志がポイント
最初15分ほどのプロモーションスライドを見せていただきました。約半分がどうして高齢者に箏を通じて癒しをしようと思ったかの説明。大好きだったおばあちゃんが「自分の人生は失敗だった」と言う悲しい言葉。東日本震災で仮設住宅に箏演奏で慰問している中、「私らは何か悪いことをしたのか」という数人のおばあちゃんの話を聴き、「高齢者の笑顔を実現したい」との動機を聴かせてくださった。これで共感しファンになります。

2. 科学な根拠
施設の経営者は「箏で老人が感動する根拠、エビデンスを示せ」と必ず言う。ミーママの紹介で音楽と意欲の関係を研究している大学の先生を紹介されその人たちの知見を資料・HPにした。

3. 仲間力と作りこみ
渡部さんにHP成功のコツを伺うと謙虚に「仲間のおかげ」とのこと。講座が終わってからの自主勉協会でかなり激しく「ここは響かない」とフィードバックを受けたそうです。それは2年経った今も続くそうです。「HPは営業する必要がないくらい作りこむこと」

4. 量より超「質」
かつてはどんな安い仕事も受け、年間317日働いたそうです。今は子育て(1歳半の坊ちゃん)もあるので10日/月しか働かない、単価は30万/時以上でないと受けない、営業もしないそうです。それでもオファーが殺到。地元の新聞に50回以上載ったこことも影響し、TVやラジオの取材申し込みがあるそうです。すごいです!

|

このページについて

2019年02月05日 01:18に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「<2月3日 第6回全国選抜剣道七段戦>」です。

次の投稿は「<2月5日 2月度 神奈川県剣道合同稽古>」です。

月別のエントリー

バックナンバー