オリジナルブログ「マークン@フジワラのにんげん探訪」

エントリー

« remove | main | next »

<10月3日 ゲシュタルト療法と組織開発>

この二日間、組織開発コンサルタント対象のゲシュタルト療法勉強会(大槻貴志氏主催)。講師は元ゲシュタルト療法学会理事長の百武正嗣氏。

午前午後3時間以上みっちり講義。
心理療法の流れ(フロイド、人間回復運動)、ゲシュタルト療法の基礎心理学・哲学(ゲシュタルト心理学、実存主義、現象学)、
ゲシュタルトの理論とアプローチ。
19ページにわたる資料を丁寧にご説明いただきよく理解できました。ゲシュタルト学会の人に聞かせたい内容。

午後は個人ワーク2件、ゲシュタルトが初めての人に対して深いワークでした。クライアントが言っていない非言語(表情や身振り、声のトーンなど)に焦点を当てその人の本質(対人関係や考え方・行動のパターン)に迫るのはまさにゲシュタルト療法の神髄!百武さん、さえています!

 組織へのゲシュタルトの応用は米国のEdwinNivis博士が研究されていますが、その中でファシリテーターのUse of Selfということを言っています。これは組織に対してファシリテーターは自分が違和感を感じたことを率直に伝えていくことだということです。百武さんの個人へのかかわり方はまさにこのUse of Selfでしたね。

個人療法であるゲシュタルト療法が集団にどう適用されるかは二日目の講義や議論になるのでしょうが、楽しみです。
IMG_5725.JPG

|

このページについて

2018年10月04日 01:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「<9月23日 部下に仕事を任せる秘密 3か条>」です。

次の投稿は「<10月4日 感情と身体にコンタクトする>」です。

月別のエントリー

バックナンバー