オリジナルブログ「マークン@フジワラのにんげん探訪」

エントリー

« remove | main | next »

<3月23日 Van Joines博士ワークショップ最終日>

午前中はインパス(生き方の行き詰まり:タイプ1から3まで)の突破についての講義。セラピーのスーパーバイズ、午後は個人ワーク4件。

 ようやく私もセラピスト役が出来てまずは満足。内容は冷や汗ものでした。
初めて会うクライアント役の方を対象に契約をスムーズに終わらせ、幼児決断・再決断に時間をかけたかったのですが、契約に時間がかかりました。

習った通りに質問をしていったのですが、「計画的に物事を進めたい」というご要望は「べき論」の契約になってしまいます。どうやってC(子供)の自我状態になってもらうかに苦労しました。

昨年は時間切れでしたが、今回は30分でなんとか最後まで行きましたのでそれは満足。
何とか幼児期にもどって母親との会話をしてもらい、再決断らしき言葉を話してもらったのですが、Vann先生のような切れはない。

セラピー終了後、私の要望(契約、幼児決断、再決断のプロセスに意見を頂きたい)に沿ってVann先生から30分かけて丁寧にフィードバックをもらいました。良い点は言ってもらいながら、改善必要点を具体的に教えていただく。

 最後には、幼児決断、再決断についてオプション(違う選択肢)を示していただきクライアントは明るい顔に。

修了後はいたたまれない気持ちでしたが、他の仲間や白井幸子先生に「挑戦的でよかった。踏み込んだ質問をしたので、Vann先生から具体的な指導を頂けた。周りが学びになった」という感想をいただきホッと一息。新しい学習は痛みを伴いますね。
IMG_2440.JPG

|

このページについて

2018年03月24日 07:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「<3月19日 米国でのデスクワーク>」です。

次の投稿は「<3月24日 ブラジルでの焼肉パーティ>」です。

月別のエントリー

バックナンバー

Get macromedia FLASH PLAYER ※一部FLASHを使用しています。画像が表示されない場合は
最新のMacromedia Flash Playerをダウンロードして下さい。